旬のアダルト情報をお届けしているSACD & DualDisc

  1. HOME

セックスでイケる体を作るオナニー

大切なパートナーとセックスをするなら気持ち良いセックスをしたいですよね。でも女性の悩みの中で多いのがセックスでイクことができないという事です。とあるアンケート結果ではイッた事がない女性は全体の70%も存在するといわれています。これには男性のテクニック不足や、女性が性に対してオープンになりきれない、といった原因が考えられますがこれを改善するにはどうすれば良いのでしょうか?答えは簡単で女性のオナニーでイキやすい体を作れば良いのです。普段からのオナニーを変える事でセックスでもイキやすくなるのです。なのでセックスの前にオナニーでオーガズムを体験しましょう。今回のコラムでは女性の為に正しいオナニー方法について解説していくのでセックスで悩める女性の方は必見です!イキやすい体を作るオナニーをする為には準備が必要です。性的な事に関して興奮できる女性はイキやすいといわれています。まず、オナニーする前にリラックスをして自分が性的に興奮するシチュエーションを妄想しましょう。ちょっとM気質な人は自分が無理やり犯されている姿や、会社の上司と不倫関係に…なんて妄想でも良いかもしれません。興奮するシチュエーションを想像できたら全身を愛撫していきます。耳やお腹、太ももや足先など隅々を刺激する…

妻が入院中に義母と近親相姦

僕が義母と近親相姦をしたのは、ありがちな話だが妻が妊娠した時だった。まさか自分が義母とするなんて夢にも思わなかった。義母は今年還暦を迎えた高齢な熟女だ。若い頃はモデルをしていたこともあり還暦を迎えても若々しい熟女だった。そんな義母がセックスの時には痴女な熟女に変貌するなんて…その日は、妻の陣痛が始まり安全の為に入院することになった。しばらくは家に僕一人になるはずだったが一人では家事もろくにできなかったので義母が心配して家に来てくれたのだ。妻を病院まで送り家に帰るとすでに義母が料理の支度をすませ晩酌まで用意してくれていた。一緒に食卓を囲みお酒を飲みながら会話をしているともう時間は深夜の1時を過ぎていた。そして僕が風呂に入っていると体にバスタオルを巻いただけの義母がお風呂場に入ってきたのだ。普段から義母の事を綺麗だと思っていたがこんな格好をされると色気を感じてしまい思わず反応してしまった。義母は僕が反応したことを見透かしたように腰に巻いていたタオルを剥ぎ取ると僕の下半身を握ってきたのだ。そして「ゴメンね…」と言いながら唇を重ねてくる。戸惑う私の口の中に舌を入れてきてディープ。もう感情が抑えきれない僕は義母を抱き寄せ豊満な胸を揉みしだくと妖艶な声が漏れてき…

普段は大人しい人妻だったが…

私は既婚者のアラサーで介護施設で働いている。職場にいるのは中年のヘルパーさんと年寄ばかりで心ときめく出会いなんて皆無だった。だが、そんな職場にヘルパーで50歳手前のぽっちゃり体系の人妻が入ってきた。決して美人の部類ではなかったが大人しいおばさんだった。仕事上色々な話をしている内に少しずつ仲良くなっていきました。そんな時、22時ごろまで仕事が掛かり職場には私と人妻の二人だけになっていた。帰らなくていいのか聞くと、人妻は夫が帰ってくるのは遅いから平気ですと答えた。それならと思いコンビニで夜食とジュースを買って近くの公園に行くことになった。そして駐車場につき車の中で2人ならんで食事をする。食べ終わって横を見ると人妻の豊満な胸が目に飛び込んでくる。服の上からでも分かる巨乳で触ってみたいという衝動にかられてしまった。ガマン出来ずに人妻を抱きしめると、最初は抵抗していたがすぐに私の体に腕を回してきた。直感でこの人妻はヤリマンだとすぐに分かった。そして顔を近づけ舌を絡ませるディープキスを交わす。そのままスカートの中に手を入れて膣の中がぐっしょりと濡れていることを確認すると私もズボンを下ろして人妻の上に覆いかぶさった。スカートとパンティを脱がせペニスを押し付けながら…

Copyright © SACD & DualDisc All Rights Reserved.